FC2ブログ

記事一覧

−337日ーケメコさんのつぶやき

昨日の夕食は夫も休みでケメコさん、ミクタくんも揃って食べました。
久しぶりにクサンティッペが餃子を作りました。

「おいしいねー。何個でも食べれちゃう」とパクパク食べてくれるミクタくん。

「そりゃそうでしょ。手作りだからお肉がたくさん入ってるし」とケメコさん。

「いや、市販のより野菜が多いからたくさん食べれるんじゃないですかね。」と夫。

全て正解。
市販の物より野菜もお肉もたっぷり詰めてます。

「私は作るのめんどくさいから出来たのを買ってきちゃうから。もう最近は夕食作るとクタクタになっちゃう。ミクタくんに食べさせるだけで精一杯。」

同居して1年半、この間、買い物ギブアップ宣言をし、コープを申し込んだケメコさん。
コープに変えてもやっぱり厳しいらしいです。

「ミクタくんが中学入ったら帰りも遅くなるし、クサンティッペたちの分は自分で作るから、お弁当とかにしてみる?」と聞いてみると
「この間コープで試してみたけど味はうすいし、一つのトレーに入ってるのが嫌いだからお弁当は嫌だわ」

食にうるさいケメコさんならでは。
クサンティッペが作るものも味が薄いとお気に召さないのです。

逆にクサンティッペ夫婦はケメコさんの料理の味の濃さに飽きてきているのですが、作ってもらえるのだからありがたいと食べている状態です。
これから先はどうやっていけば良いのか。
大きな課題です。

さて、本日のミクタくんのお勉強。

四谷大塚第四回(4週目)

クサンティッペの予定では一通りやるはずでしたが、ミクタくんが自分で予定を立てました。
今日は社会を全部やってしまうようです。

計算力だけは落ちて欲しくないので、計算プリントを渡すとすらすらと。
自信たっぷりで1個だけ間違っただけてした。

自分で学習計画を立てられるようになったなんてすごいわ・・・・

クサンティッペが中学受験を決めた第3の理由。
それはケメコさんです。

妹家族と二世帯で暮らしていたケメコさん。
妹夫の突然の病気で、妹家族は別の住まいに移りました。

病に倒れ、障害を負うことになった夫を妹は捨てるに違いないとなぜかケメコさんは勝手に思いこみ、妹とその息子が一緒に暮らせるようにと広い賃貸を借りたケメコさん。

当たり前のことですが、妹はケメコさんではなく自分の夫を取りました。
半年経ってやっとそのことが実感としてわかったケメコさん。
ポツンと広い部屋で毛布にくるまって生活をしていたのを見るに見かねてクサンティッペが同居に誘いました。
うかつにも・・・・

一緒に暮らせばケメコさんの良いところもわかるはず、子供の頃には気がつかなかった教わる部分があるはずと期待していたのですが、結果は真逆でした。
自分の親がこんなに子供っぽかったのかと、ある意味反面教師となってくれました。

しかし、介護という問題を突きつけられて、定年退職できないかも(介護のために早期退職)・・・・・
正直焦りました。
夜も眠れなくなっちゃったくらい。
生活設計が音を立てて崩れました(元々設計も何もないけど)。

そんな不安をごまかすためにミクタくんに何か遺してあげようかと、家でも購入しようか(買える訳もないのに)なんて夫と相談していましたが、ケメコさんの要望を聞いているうちに、こりゃクサンティッペの稼ぎではとても無理だということになりました。

(駅から近いところ、都心から近いところ、スーパーが近くにあるところ、部屋はせめて8畳はないとだめ、ウォークインクローゼットは必須・・・などなど)

家だけではなくいろんなことを要求してくるケメコさん。
隙を見せたらどんどんお金を使わされてしまう(´・Д・)」

同じお金を使うんならミクタくんに使いたい。
それも中学受験を始めるきっかけとなりました。

今日は長い文になりました。
もしこれを見て読んでくださった方がいるのなら感謝です。

桜咲くその日まで。がんばるぞ!後337日(たぶん)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kutakutahaha

Author:kutakutahaha
高年齢出産で産んだ一人息子のこと、自分のこと、夫のことをつぶやいています。気が向いたら読んでいただけると嬉しいです。