FC2ブログ

記事一覧

夫の体調が戻りません

仕事中に頭部を打撲した夫。最初に救急病院で診察し、その後脳神経外科でも診察し、そして最後に地元の総合病院で診察してもらいました。結局頭部に異常はないでしょうということで、本人が感じている体の不調は別のものではないかということになりました。朝、4時から起きて勉強する毎日だったので、疲れもたまっていたのだと思います。クサンティッペが買ってきた本人の一番の訴えであった動機を改善する漢方薬を服用することで...

続きを読む

メガネを作ることになりました。

息子の視力が下がってメガネを作ることになった話は以前ブログにかきましたが、そのついでと言ってはなんですが、クサンティッペもメガネを新調することにしました。なぜならば、会社のPCのエクセル作業の時の数字が良く見えなくなってきたから。そして、JINSでとてもおやすい値段でメガネをつくってもらえそうだからという理由です。息子のメガネ用の視力検査に合わせてクサンティッペも眼科を受診。その日はたまたま眼科もすいて...

続きを読む

久しぶりにトリイヘイデンを読んでみた

もう30年くらい前のことになるでしょうか。「シーラという子」がベストセラーになったトリイヘイデンという作家の方がいらっしゃいます。当時、図書館で借りて読んだ気がします。とても面白くて夢中になり、その方の単行本が2冊我が家にありました。なんども転居をかさね、その都度本は処分してきたけれど、どうしても処分できないものが何冊かありその中のひとつがこの方の本。いつかきっと読み直すに違いないと思いながらずっ...

続きを読む

合わない環境では良い花は咲かない

キャリアに関わる勉強を始めてとても感じること。「合わない土(環境)では綺麗な花は咲かない」もっと良い言い方があるかもしれないけれど、その辺はご勘弁ください。言いたいことはその人にあった環境にいて初めてその人の才能が発揮されるということ。職場しかり、学校しかり。夫なんてまさしくその典型で、彼なりに良いところはあるはずなのだが、一向に評価に結びつかない。そもそも彼の良いところ自体を理解するのが難しいと...

続きを読む

ダイソンV10を購入

先日とうとうダイソンの掃除機が壊れてしまいました。冷蔵庫を買い替えと同じ頃(春先)に一旦ホースがやぶれて使用不能になったのをメーカーさんから無償でホースをいただいて無理やり使っていたもの結局2ヶ月しかもちませんでした。とはいえ、息子が生まれた時にハウスダストを心配して夫が奮発して買ってくれたものです。13年使ったのだから立派なもの。夫がまた買ってくれると春先に言っていたのですが、万が一(?)夏の資...

続きを読む

英検準二級の結果

さて、クサンティッペの資格試験の前々日、息子の英検準二級の結果がでました。・・・もちろん不合格です。だって、過去問を1週間前に1度やっただけ。合格するはずがありません。しかし、合格点には大幅に及ばないものの三級合格時よりはるかに英語の勉強が身についているとわかる結果でした。前回の英検三級受験から半年経過していますが、学校の勉強がしっかり身についているようです。それに学校の授業が良いということも実感...

続きを読む

資格試験の結果

夫の労災騒ぎでヘトヘトになりながら受験したキャリコン学科試験。50問中35問以上正答があればよいものなのですが、自分の中であやふやな答えが15問。それらが全部間違っていて、かつ残りが全部正解してもギリギリの合格ライン。昨年受験した資格試験の時もギリギリ合格(その試験はキャリコンとは全く関わりがありませんが)。またもや同じ結果になってしまったのか。正直もう少しきちんと勉強すればと悔やみましたが大学受...

続きを読む

資格試験を受けました。

夫の労災騒ぎの間にクサンティッペの資格試験がありました。受けた試験はキャリアコンサルティング技能試験二級の学科です。キャリコンには国家資格となったキャリアコンサルティング試験がありますが、二級試験はその上位となります。クサンティッペは実務経験があるので、二級からチャレンジです。試験場は息子が目指すと言った大学。(実は最近別の大学に変わりましたが)ここで落ちたら息子の時まで響くかも。というよりも、試...

続きを読む

夫のその後

勤務中に頭部を打撲した夫。週末の休みも含め3日間休養して出勤しました。しかし依然動悸が治まらないといい翌日にはまた会社を休む羽目に。脳外科で「とりあえず、脳には大きな問題は起きていないようだ」と言われたことがどうしても納得がいかないようです。本人曰く「動悸があるし、それが始まると顔の皮膚がつっぱる。今回の頭部の打撲は今までにない衝撃を感じた。だからそれが原因だと思う」ご存知の方も多いと思いますが、...

続きを読む

息子、中高一貫でどんどん成長してくれる。

お金もない、あるのは借金ばかりのクサンティッペ家が無謀にも私立中学に息子を入学させた理由は以前から書いていますが、その中の一つ。「夫と同じ人間になってほしくない。将来の嫁に迷惑をかけたくない」実はこの思いが一番強いのかもしれません。さて、そんな思いを込めた私立中学。しっかり息子を成長させてくれています。息子にとって夫という男性が世の中の働く男性のモデルの基準となるのを防ぐべく、「学校の先生」という...

続きを読む

プロフィール

kutakutahaha

Author:kutakutahaha
高年齢出産で産んだ一人息子のこと、自分のこと、夫のことをつぶやいています。気が向いたら読んでいただけると嬉しいです。