FC2ブログ

記事一覧

macな生活

昔そんなタイトルのホームページがあったような。K'sデンキに向かったクサンティッペ一家。ミクタくんには食玩の「ほねほねザウルス」買ってあげるから大人しく待つようにいったが、大人しく待つわけもなく、クサンティッペのスマフォをを渡してなんとか、黙らせる。夫曰く、10年以上前にクサンティッペが、発売後すぐに買ったG4Cubeのシネマディスプレイが使える。夫の言うことは眉唾ものが多いのだがmacだから、そんなこともある...

続きを読む

macmini購入

パソコンは買いたいが、予算はない。なるべく、安いのを購入しようと、ホームページを物色。NECはもう絶対嫌だ。富士通、TOSHIBAは前に仕事で使っていたが、なんとなく気に入らない。NECの前はSHARPのメビウスを2台使っていて好きだったのだがSHARPは、パソコンから撤退したと言う。海外ブランドも気乗りがしない。残るはSONY。高そうだし相性が悪いのか良く壊れる。(パソコン以外の家電品)不安…。安いものを探すが、スペックも不...

続きを読む

たたり?

blogを毎日更新しようと、目標をたてたのに、しばらく更新できない日が続いた…。なぜならば、ノートパソコンが突然壊れたから…。土曜日の朝、アスマルで、机の小物を買おうとノートパソコンを立ち上げようとしたらピー!!と不吉なエラー音。起動しない。ハードは動いてるような気がするが、バッテリーの充電マークも、ワイヤレスの電気も点灯しない。何度試みても無断である。折しも楽しみにしてた机が届く日。とりあえずパソコンは...

続きを読む

20歳の時に知っておきたかったこと

昨日のブログの写真の本は役員に頼まれて購入したもの。会社の業績は厳しいらしい。うちの会社はもともとは営業所のようなもの。単体で立ち上がったのはいいが、マンパワーがなさすぎる。うーん・・・いったいどうなっちゃうんだろう。さて昨日の続き。いろいろな理由があって妹夫に激怒したクサンティッペ。結果的に縁をきったようになってしまった。ごめんね・・・妹。当時はクサンティッペ夫も適応障害もどきになってしまって、...

続きを読む

失せ物2・・・

先日、やっとダイアリーを購入したことはブログに書いた。水曜日にダイアリーが届き、木曜日にそれを閉じるコクヨのカバーが届いた。しかし・・・月曜日に会社に持っていこうと探すが、見つからない。B4サイズのそんなに小さなものでもない。システム手帳ほど分厚くないから、雑誌などに挟まれたら見つかりにくいが、雑誌、絵本の間にもない。ないないない・・・と大騒ぎ。そういえば、この間、手にもっていた化粧ポーチがどこか...

続きを読む

失せ物・・・

書館から本を借りてきたのはよいものの、読む時間がない。通勤電車の中が一番よいのだが、最近はブログを更新する時間。そうだ、ブログはなるべくパソコンにしよう。夜更新しよう。さっそく今晩から・・・ついでに新聞も毎日読もう。いつも全部読まなきゃ・・・と思うから、手がつかない。30分と区切りを決めて読めるところだけ読もう・・・と、当たり前のことを決心した昨日。さっそくチャレンジ・・・!と思いきや、勤務中会社に...

続きを読む

母の作法

第一、第三日曜日はスイミングと造形教室がある。スイミングが終わったあと、直行しても造形教室の時間には間に合わない。自分でも無理なスケジュールだと思うが、土曜日はミニバスがあるのでしょうがない。昨日はミニバスが中止になったので、急遽造形教室を振り替えてもらった。体調がいまひとつのミクタくんを無理させるわけにいかず、ママチャリの後ろに乗せて30分ひた走る。造形教室は二時間、30分かけて家に帰っても一時間し...

続きを読む

盲腸炎?

一昨日の木曜日。これから、課会というときに、小学校から電話が…。ミクタくんが頭が痛いといって保健室にいるという。学童にはいけそうもないから迎えに来てほしい。急ぎではないが今月中に決裁してもらいたいものか、4件くらい。例年なら前年度と同じものを作ればいいが、今年はすんなりいきそうもない。やらなきゃいけないことは、てんこもり。木曜の呼び出しということは必然的に金曜日は休み。残業のチャンスなのに…。はーと...

続きを読む

誕生日

昨日の朝、夫が開口一番、「あ、今日は母の誕生日か」。もちろん、自分の母のことである。毎年必ず、その日がくると言う。そのくせ、プレゼントを用意するわけではなく、遠回しになにか贈れとクサンティッペに言ってるようで慌てて用意するはめになる。毎年覚えていようと思うのだが、自分の母親の誕生日も忘れているクサンティッペである。2月1日と覚えやすくても必ず忘れる。1日といえば、会社で源泉税納付手続きする日である。...

続きを読む

プロフィール

kutakutahaha

Author:kutakutahaha
高年齢出産で産んだ一人息子のこと、自分のこと、夫のことをつぶやいています。気が向いたら読んでいただけると嬉しいです。